先週の月曜日に10月2日に受けた英検の合否結果が発表されました。

MY ENGLISHでは35名ほどの生徒が今回受験しましたが、89%の合格率でした。

いつも合格した生徒の頑張りについて書いているので、今回は合格しなかった場合について書いてみようと思います

英検はTOEICやTOEFLなどと違い点数制ではなく、合格・不合格で表され、比較的合格点が低く設定されており6割正解で合格する場合もあります。ですので、例えば英検3級をほぼ満点で合格した人とギリギリで合格した人とでは大きなさがあります。ギリギリ合格の人は、言い換えれば4割は正解できなかったという事ですので、次の級である準2級に挑戦してしまうと、基礎力がまだ足りておらず、自分の英語力に合っていない問題に取り組む事となり効率よく吸収する事ができません。ですので、次の級にチャレンジするタイミングもとても重要だと言えます。

MY ENGLISHの生徒も例外ではなく今回合格に至らなかった生徒の多くは準2級にチャレンジした生徒でした。

今回無念にも不合格であった方にお伝えしたい事が3つあります。

①「今回の受験級の一つ下の級の問題に復習も兼ねてもう一度取り組んでみよう。正解率80%以上は必要」

②「今回の不合格のテスト結果は、どこが弱かったのかを知れる絶好のチャンス!この結果を次に生かそう」

③「今回のテスト勉強で覚えた単語・熟語や文法は決して無駄ではなく、テスト勉強前と比較すると理解度が伸びているはず!このまま決して諦めて折角覚えた事を忘れてしまわないように」

特に①はとても大切なポイントですので、一度問題を一通りやってみて自分がどの位の位置にいるのか把握し、学習を進めて行きましょう。

 

 

 

Related Post